トップ > ごあいさつ

ごあいさつ

自民党愛媛県連 会長
自民党愛媛県連 会長
山本 順三
 皆様におかれましては、日頃より自由民主党愛媛県支部連合会に温かいご支援、ご指導をいただき、誠にありがとうございます。
 さて、本年3月の自民党県連定期大会におきまして、愛媛県連会長に就任いたしました。愛媛県連は、長い歴史を誇り、常に故郷愛媛の中核として、故郷を支えてきました。先人の歩みを引き継ぎ、皆様方のご協力をいただきながら、さらに発展させていかなければならないと決意を新たにしているところです。
 昨年夏の参議院議員選挙では、大勢の方々の温かいご支援で当選をさせていただき、参議院議員として三期目のスタートをさせていただきました。国においては塩崎恭久、山本公一両大臣をはじめ県選出国会議員が各々要職に就任し、私も参議院議院運営委員長を拝命しました。
 また、同志の方々が各支部において、懸命に努力を重ねておられます。県連は言うまでもなく各支部の連合体であり、その力を結集し、輝くふるさとづくりに向けてがっちりとスクラムを組んで前進していきたいと思います。その為にも県連内部の混乱は一日も早く収束させていく覚悟で任にあたりたいと思っております。
 さて、安倍政権の誕生から四年余り、「日本再生」を目指したアベノミクスによって日本経済はデフレ脱却に向かい、企業収益や雇用環境は大きく改善しました。この成長を地方の隅々まで行き渡らせていくために、経済成長をさらに加速させ、政治の目線を「人」と「地方」に集中させて「成長」と「分配」の好循環を生み出していかなければなりません。
 3月に我々の同志である白石徹衆議院議員が逝去されました。
心からの冥福を祈るとともに、彼の思いを県連としてもしっかりと受け止めていきたいと考えています。
 さまざまな政策の実現に向けて、私たちは決しておごることなく、気の緩みを戒め、前進して参ります。これまでも格別のご支援を頂戴している皆様のさらなるご指導、ご鞭撻を賜りますように心からお願い申し上げ、ご挨拶といたします。